京都市乳腺外科「仁尾クリニック」
仁尾クリニック メインイメージ

乳癌の特徴、経過、予後

乳癌の特徴、経過、予後

乳癌に限らず、癌には、浸潤、転移、再発という特徴があります。

浸 潤

乳癌が、周囲の組織に食い込むことを言います。 乳癌の多くは、乳汁が流れる乳管の上皮細胞から発生しますが、上皮内のみにとどまる非浸潤癌から、次第に乳管上皮を食い破って周囲の乳腺組織、脂肪、筋肉へ食い込む浸潤癌に進行します。上皮を超えて浸潤する浸潤癌では、血管やリンパ管へも浸潤し、転移を起こす可能性があります。血管やリンパ管に浸潤する事を脈管侵襲といい、脈管侵襲が(+)の場合は全身に転移している可能性が高いと考えられています。


転 移

他の臓器に乳癌細胞が飛んで、生着して増殖することです。
乳癌の転移には次の様なパターンがあります。

(1) 血行性転移:癌細胞が血液中に入り、他の臓器(骨、肺、肝、脳など)に転移するもの
(2) リンパ行性転移:リンパ液の流れに入り、腋窩(脇の下)や頚部のリンパ節へ転移するもの。腋窩のリンパ節は、浅いところから深いところまで、3段階に分類されています。
(3) 播種:癌細胞が腹腔内(お腹の中)や胸腔内(胸の中)に撒き散らされたように広がっていくもの。肺転移や肝転移から広がる事が多い。また、液体が貯留する事が多く、この場合、癌性胸膜炎とか癌性腹膜炎と呼ばれます。
このような遠隔転移の60 - 70%は骨への転移ですが、骨やリンパ節への転移は生命への影響が少なく、一方、肝、肺、脳などへの転移は生命の危険が大きく、転移再発の部位により対応が大きく異なります。いずれの場合も、全身療法を行うことになります。

ただ、骨転移の場合に、痛みや神経などの圧迫症状がある場合には、放射線療法を症状緩和のために行うこともあります。


再 発

手術で肉眼的、顕微鏡的に取り切れたと思っていても、数ヶ月から数年を経過してから再び癌がでてくることをいいます。

乳癌は、5年以内、とくに2-3年以内の再発が多く、これを早期再発といいます。しかし、術後5年、時には10年以上たってから再発することもしばしば見られ、これを晩期再発とよんでいます。

 手術をした同じ乳房や場所に出てくる局所再発と、離れた他の臓器に出てくる転移再発があります。いずれの場合も、手術の時点で、すでに細胞レベルの遺残や転移があるのですが、小さすぎて肉眼や画像検査では見つからないのです。手術後、時間が経過するにつれて、それが次第に大きくなってくると、再発として検出されるようになります。乳癌に限らず、癌治療で最も大きな問題がこの再発です。

 乳癌の場合、手術後に乳房内に遺残しているかもしれない細胞レベルの癌細胞を制御する目的で行われるのが放射線療法であり、他の臓器内の目に見えない転移を制御する目的で行われるのが化学療法(抗癌剤)、内分泌療法(女性ホルモン抑制療法)、分子標的療法(抗体療法)などの薬物療法です。


経過・予後

乳癌の予後は当然、臨床病期(stage)が最もよく反映します。

日本の施設の一般的な5年生存率は、Stage Iで90%以上、IIで約80%、IIIで約60%、IVで約20%とされています。 最近は手術術式や放射線療法も進歩し、さらに新しい治療薬(抗癌剤や内分泌療法剤など)も導入されているため、治療成績は向上しています。
(治療方針と治療成績)